【夜のニュース】2020/1/6 『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

イラン 対六ヵ国とのウラン濃縮制限を破棄

日経平均 終値451円安と急激に下落

政府 「航空自衛隊」を「航空宇宙自衛隊」に改称

ケニア アメリカ軍とケニア軍がアルカイダ系武装勢力と衝突

昨年から続く山火事の総死者数が24人に オーストラリア

イラン 対六ヵ国とのウラン濃縮制限を破棄

 アメリカとイランの関係が開戦間近の状況となっているなか、イラン国営テレビは5日。オバマ政権時代に米・中・露・英・仏・独と締結したウラン濃縮研究の制限合意を順守しないと発表した。当該合意についてはトランプ政権発足後にアメリカが離脱したこともあり、形骸化が以前より指摘されていました。ただ、イラン側も昨年7月から段階的に合意を破棄してきたこともあり独自に核開発を進展させる懸念が一層高まっている。

PICK UP:イランの美しい文化財を守ろう
 トランプ大統領が仮にイラク駐留米軍が撤退する事態となれば、イランの文化施設を破壊するとけん制しています。これに対してTwitter上では、イランの美しい文化財を守ろうと叫ぶ「#IranianCulturalSites」というタグが立ち上がって、文化財への攻撃に反発するムーブメントが起きています。また、戦争開戦に異を唱える「#NoWarOnIran」のタグも急速に広まっています。

日経平均 終値451円安と急激に下落

 アメリカとイランの対立、鎮静化しないイラクのデモが影響して、年明け初取引となった東京株式市場の日経平均株価は終値451円安の2万3,204円となった。午前の取引開始と同時にリスク回避の売り注文が殺到し、一時は前日より500円以上落ちる場面も見受けられた。

政府 「航空自衛隊」を「航空宇宙自衛隊」に改称

 中国やロシアといった宇宙空間への脅威に対抗するため、政府は既存の「航空自衛隊」を「航空宇宙自衛隊」に改称する調整に入った。人工衛星の防衛などを念頭に自衛隊法をはじめ関連法の改正を経て、2023年までの組織改編を目指す。これに先駆けて防衛省は2020年内に空自内に「宇宙作戦隊」を新設する。

ケニア南東部 アメリカ=ケニア軍とアルカイダ系武装勢力と衝突

 アメリカ軍とケニア軍が共用するケニア南東部マンダベイの基地にて5日、国際武装組織アルカイダ系の過激派組織アル・ジャバブが基地内に進入して戦闘が発生した。一連の銃撃戦でアメリカ兵1名、民間防衛請負業者のアメリカ人2名、計3名が死亡した。また、アル・ジャバブ側は少なくとも4名が犠牲になったとみられる。衝突はテロが多発する隣国ソマリア国境近くで発生しており、死亡したアメリカ人はアフリカ連合(AU)軍を支援するために派遣されていた。

昨年から続く山火事の総死者数が24人に オーストラリア

 昨年7月下旬から続くオーストラリア全土で発生している山火事が収まらない。数十年に一度レベルの乾季が長引いているだけでなく、40度を超える夏場の暑さも相まって、昨年の合計死者数は24人に達している。オーストラリア政府は今回の被害に遭われた人々のメンタルヘルスやインフラ復興のため期間を限定して復興局設置を発表した。