【夜のニュース】2020/1/7 『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

ローソン限定鬼滅の刃グッズ 朝にはメルカリ出品の嵐

クールジャパン機構 不正な資金流用発覚

内閣府 「桜を見る会」入札公告前に日程打ち合わせの疑い

中国・武漢で新種の肺炎流行か?

ウガンダ大統領候補 集会実施中に逮捕

ローソン限定「鬼滅の刃」グッズ 朝にはメルカリ出品の嵐〈独自〉

 コンビニ大手ローソンが7日7時より全国店舗の商品購入特典として解禁した漫画「鬼滅の刃」の関連グッズが、早朝よりフリマアプリ「メルカリ」で大量に転売される事案がSNSで問題視された。ネット上では「FC加盟店舗が7日0時より特典配布を解禁した」など、事前告知とは異なる対応を採るローソン店舗が複数報告されており、こうしたフライング対応が転売目的の購入者に在庫を搬入するスキを与えたと見られている。

PICK UP:「鬼滅の刃」が絡む社会問題
 「鬼滅の刃」グッズに関連した混乱は今回が初めてではない。昨年11月、週刊少年ジャンプのアンテナショップ限定グッズが再版された際は全国の店舗で開店前から長蛇の列が発生した。特に、名古屋店前の行列は地獄絵図と揶揄されるほど凄まじく、人混みに揉まれて救急車で搬送される人もいた。また、限定商品の転売だけでなく、整理券の転売も問題視され、「鬼滅の刃」ファンのモラルを著しく下げる要因となりつつある。

クールジャパン機構 不正な資金流用発覚

 政府と民間がアニメなどの日本文化を世界発信する目的で立ち上げられた投資ファンド「クールジャパン機構」が、出資元企業6社に出資するお金の還流を続けていたとして利益相反の疑いがあると東京新聞が伝えた。クールジャパン機構と出資企業間で行き来した出資金総額は6年で196億円に達しており、これはクールジャパン機構がこれまで出資した総額の約3割に相当する。

内閣府 「桜を見る会」入札公告前に日程打ち合わせの疑い

 内閣府が「桜を見る会」に関わる入札公告前に特定業者へ日程等の情報を伝え打ち合わせしていたと毎日新聞が伝えた。すでに、安倍晋三首相夫人の明恵氏の顔なじみ企業が身内向けに「桜を見る会」の料理を手配した事実が判明しているが、当該記事では入札公告1ヶ月以上前から口合わせしたと報じており「桜を見る会」における新たな官製談合事案が浮上した。

中国武漢で新種の肺炎流行か?

 中国内陸部の湖北省武漢市衛生健康委員会は6日。原因不明の肺炎について市内で発症者が59人となり、うち7人が重体となり隔離していると発表した。重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MARS)の可能性は否定した。これに先立ち国際保健機関(WHO)も警鐘を鳴らしているが、中国への旅行や貿易を制限しないよう助言している。

ウガンダ大統領候補 集会実施中に逮捕

 ヨウェリ・ムセベニ大統領による独裁政治が30年以上続くアフリカ東部のウガンダで6日、若年層から支持を集める大統領候補で歌手のボビー・ワイン氏が逮捕された。首都カンパラのカトリック教会で実施された支持者集会の開催中に警察が押し入り、催涙弾やガス弾などを用いて支持者たちを立ち退かせワイン氏を拘束した。来年2021年の大統領選挙に向け、ウガンダ政府は野党勢力の言論集会に対して弾圧を厳しくしている。