【夜のニュース】2020/1/8 『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

イラン軍報復攻撃 トランプ大統領”All is well”と反応

政府 中東歴訪を中止

イラン司令官葬儀に駆けつけた参列者 40名死亡

トランプ政権 イラン外相のビザ発行認めず

トヨタ 静岡の工場跡地に「実験都市」建設

イラン軍報復攻撃 トランプ大統領”All is well”と反応

 アメリカ国防省は8日、同日未明からイランによって有志連合軍のアル・アサド基地などがミサイル襲撃されたと明かした。現在のところイラン側から事前の攻撃予告もあったため、有志連合側の死傷者は確認されていないという。しかし、アメリカのドナルド・トランプ大統領はTwitter上で「All is well(すべて順調)」と発信しており、襲撃を楽観視する姿勢にネット上では非難が殺到している。

政府 中東歴訪を中止

 一連のアメリカ=イラン関係の緊迫化に関連してか、安倍晋三首相は予定していた中東諸国の歴訪中止を発表した。中東情勢の緊張緩和を目的としてサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンを歴訪する予定だったが、具体的な中止の理由は明かされていない。なお、8日実施された菅義偉官房長官の記者会見では、予定されている海上自衛隊の中東派遣は中止しないとした。

PICK UP:安倍首相の中東外交
 昨年6月のイラン来訪から安倍政権の中東対応を振り返ると、日本政府の行動は失礼ながらパフォーマン重視にしか映らない。

 

イラン訪問中に日本企業所有のタンカーが襲撃される

和平を進めたいと中東外遊を計画しながらも、緊張感が高まれば理由説明なく計画を中止

国民世論すら聞かずに海上自衛隊の中東派遣を推進

急激に米伊関係が悪化した年末年始には声明すら発表せず、ゴルフなど道楽三昧に勤しむ

 

年末年始のバラエティ企画を予定通り放送するテレビ各局の姿勢も問題だが、それ以上に安倍政権は国民の気付かれずアメリカ軍の支援活動に務めようと必死だ。

イラン司令官葬儀に駆けつけた参列者 40名死亡

 アメリカの無人爆撃機によって死亡したガセム・ソレイマニ司令官の葬送行進中、参列者がすし詰め状態となり将棋倒しとなる事故が発生した。この騒動で、参列者200名超が負傷、40名が死亡している。イラン全土を葬送中だったソレイマニ司令官の死体は7日、出身地のイラン南東部ケルマンに入ると英雄の追悼を祈ろうと市民が殺到して収集がつかない状態となった。

トランプ政権 イラン外相のビザ発行認めず

 アメリカのフォーリン・ポリシー誌は6日、トランプ政権が国連安保理公開討論に向かおうとしているイランのムハンマド・ザリフ外相のアメリカ入国ビザを発行しない方針を固めたと報じた。トランプ政権は昨年9月に国連総会が開催された際もイラン政府閣僚のビザを直前まで発行せず、総会への出席が一時危ぶまれた。

トヨタ 静岡の工場跡地に「実験都市」建設

 トヨタ自動車は7日、静岡県裾野市の東富士工場跡地に最先端IoT技術を実験する「コネクテッド・シティ」を建設する構想を発表した。個人情報保護など海外より法規制が厳しい日本国内でも、トヨタ保有の私有地内で実験都市を建設することで国際競争に応じられる実験スピードを実現したい狙いがある。また、トヨタ自動車は同日ラスベガスにて、韓国サムスン電子と共にIoT研究を連携する方針を発表した。