【夜のニュース】2020/1/9『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

トランプ大統領 軍幹部並ばせて対イラン自重会見

政府 中東歴訪中止を一転して検討へ

日本の梅毒患者急増 SNSや出会い系アプリの影響か?

イギリス王室ヘンリー王子夫妻 主要王族から「引退」発表

オーストラリア森林火災の煙 南米に到達

トランプ大統領 軍幹部並ばせて対イラン自重会見

 アメリカのドナルド・トランプ大統領は8日。軍幹部や政権閣僚を背後に整列させ会見に臨み、対イラン関係の悪化に自重気味の声明を発表した。イランのガセム・ソレイマニ司令官殺害やネット上の高圧的態度から一変して自制的な振る舞いを採った点からは、トランプ大統領自身も不用意な開戦を避けたい狙いがあると思われる。

政府 中東歴訪中止を一転して検討へ

 トランプ大統領の会見を受けて安倍晋三首相は9日午前の会見で、昨日中止を発表した中東3ヵ国への歴訪を一転して実施する考えを示唆した。イラン軍による米軍など有志連合軍基地への攻撃から、政府は今月11日~15日に予定していた歴訪の中止を発表していた。なお、海上自衛隊は10日付で河野太郎防衛相から派遣命令を受ける予定。

日本の梅毒患者急増 SNSや出会い系アプリの影響か?

 SNSや出会い系アプリの利用拡大が梅毒患者の増加を促していると、東洋経済オンラインが発信した。国立感染症研究所によれば2014年に1661件だった日本の梅毒患者は2018年には6923件に急増しており、具体的根拠は挙げられないものの性病研究者の山本佳奈医師は「SNS普及が性病を拡大させている可能性が高い」としている。

PICK UP:福島県で梅毒増加
 山本医師が勤務していた福島県では日本で出会い系アプリ登録者数が伸びはじめた2015年以降、人口当たりの梅毒患者が急増している。元々SNS利用率が全国平均よりも高い福島県だが、2014年40位だった都道府県別人口当たりの梅毒患者数ランキングは2016年3位にジャンプアップした。これを受けて、山本医師らが研究で算出した出会い系サイト利用率と梅毒の新規患者数の相間関係値は平均0.7代となっている。数値が1に近いほど梅毒患者増加の要因と考えられるが、あくまでも”関係性”を表わした数値なので根拠としては不十分な点は否めない。

イギリス王室ヘンリー王子夫妻 主要王族から「引退」発表

 イギリス王室チャールズ皇太子の次男。ヘンリー王子とメーガン夫人は8日、自身のインスタグラムで主要王族「シニアロイヤル」の地位から身を引くと発表した。今後、ヘンリー王子夫妻はイギリスとカナダを往復して生活をするとし、将来はイギリス王室からの財政的な自立を目指すとしている。

オーストラリア森林火災の煙 南米に到達

 ブラジル国立宇宙研究所や民間気象会社メットスルなどブラジル国内の気象予報機関は7日、オーストラリアで半年以上続く森林火災の煙がブラジルに到達したと発表した。チリやアルゼンチンにも同じように煙が到達しており、森林火災が鎮火しなければ今後も火災の煙が南米大陸南部に襲来すると見込まれる。火元のオーストラリアではアイルランドの国土面積に匹敵する延焼被害が発生しており、依然として鎮火する気配はない。