【夜のニュース】2020/1/16『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

NIKEの最新ランニングシューズ 国際大会で禁止に

中国・武漢で発生した新型ウイルス 神奈川県で初確認 

ロシア 憲法改正念頭に内閣総辞職

米中貿易摩擦 解決に向けた第一段階合意成立

女子中高生の8割が無月経のリスク

https://youtu.be/PCKPolJVzW0

NIKEの最新ランニングシューズ 国際大会で禁止に

 世界陸上連盟(WA)が15日、NIKEの最新ランニングシューズ「ズームX ヴェイパーフライ」シリーズの大会使用を禁止する可能性が高いとイギリスメディア各社が一斉に伝えました。ヴェイパーフライ使用を巡っては世界大会で新記録を次々に叩き出す一方、他社製シューズとの性能差が予てより問題視されており、世界陸連はヴェイパーフライについて調査をしていた。

PICK UP:箱根駅伝とヴェイパーフライ
 年始の風物詩、箱根駅伝でもヴェイパーフライよりる新記録更新が相次いだ。2020年大会予選会だけでも約8割のランナーがヴェイパーフライを履いており、本戦でも往路の区間新記録は全てのヴェイパーフライを履いたランナーが記録を出している。広告面でも、強豪東海大学や女子長距離が強い名城大学とスポンサー契約を結び、優先的にヴェイパーフライを供給している。

中国・武漢で発生した新型ウイルス 神奈川県で初確認

 政府は16日午前、神奈川県内に在住する30代の中国籍男性が中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は年始に親戚と会うため武漢市に入り、帰国後体調を崩して神奈川県内の医療機関で入院している。中国では新型ウイルスによって死者が出ており、中国政府も人から人への感染を確認していると明かしている。

ロシア 憲法改正念頭に内閣総辞職

 ロシアのドミトリー・メドベージェフ首相は15日、自身も含めて内閣総辞職を発表した。辞職理由として「大統領が全ての決定をできるようにするため」と明かされているが、ウラジミル・プーチン大統領が憲法改正と後任人事を考えている点に関連した動きと思われる。プーチン大統領は規定上2024年以降は現職に留まれないため、後継となる人物を首相職に付けたい狙いがあるとみられる。

米中貿易摩擦解決に向けた第一段階合意 成立

 世界経済に悪影響を与えている米中貿易摩擦の解決に向け、両国はアメリカのホワイトハウスにて、第一段階とする部分合意に至った。中国は金融サービス市場の解放や、2年間で約22兆円規模のアメリカ製農産物などを輸入する。この動きに市場も楽観視ムードが漂い、ニューヨークダウ工業株30社平均の終値は2万9,000USドルを越えた。

女子中高生の8割が無月経のリスク

 順天堂大学女性スポーツ研究センターが、関東甲信東海の女子中高生を対象に、女性ホルモン・エストロゲンの分泌に関する調査を実施したところ、約8割の女性が無月経や骨粗しょう症のリスクがあると判明した。エストロゲンには骨を丈夫にする作用があるが、十分な栄養が行き渡らないと無月経や骨粗しょう症のリスクが高まる。調査アンケートでは、過剰な細身体型への憧れによる少食化が主なリスク原因としている。