【夜のニュース】2020/1/17『Bru-NO_NEWS』フラッシュ

Agenda

阪神淡路大震災から25年 神戸で追悼

ロシア 新首相にミシュスティン税務局長官

イラン 1日あたりのウラン濃縮量が核合意前より増加

ウクライナ機墜落事故 犠牲者出た5ヵ国が外相会談

BOSE 日米欧豪の直営119店を閉店へ

阪神淡路大震災から25年 神戸で追悼

 神戸市の東遊園地にて17日5時46分、阪神淡路大震災の追悼が行われた。今年で震災から25年が経過するが被災者も当時取材に携わったメディア関係者も高齢化が進んでおり、震災体験を継承するのが困難となりつつある。東遊園地の式典も昨年まで主催した神戸市のNPO法人が解散したため、今年は徳島県の社会福祉協議会が引き継ぎ実施している。

PICK UP:復興基金20年度末で終了
 被災者支援の側面でも公益財団法人「阪神淡路大震災復興基金」が2020年度末で解散となる。兵庫県の井戸敏三知事は東日本大震災以後の復興が国家事業として推進された点を挙げて「20年度末には店じまいしないといけない」と基金終了の理由を述べた。基金残高は20年3月末に約5,700万円となる見込みで、終了まではJR新長田駅南側の再開発エリアに新規出店する事業者の家賃補助のみとなる。

ロシア 新首相にミシュスティン税務局長官

 ドミトリー・メドベージェフ内閣が15日に内閣総辞職を発表したことを受け16日、ロシア下院は与党・統一ロシアの賛成過半数でロシア連邦税務局長官のミハイル・ミシュスティン氏を後任首相として任命した。メドベージェフ首相は引き継ぎが終わり次第、安全保障会議副議長のポストに就任する。ウラジミール・プーチン大統領は2024年の大統領退任に向けた憲法改正など、次代の体制構築へ本格的に動き出した格好だ。

イラン 1日あたりのウラン濃縮量が核合意前より増加

 イランのハサン・ロウハニ大統領は16日の会見にて、1日当たりのウラン濃縮量が2015年の対6ヵ国核合意以前より増やしたことを明かした。ロウハニ大統領は「現在、我が国は核エネルギー分野で何の制限もない」と会見で発言し、自身の核政策における失敗を批判する国内保守派の反発に対してけん制した。

ウクライナ機墜落事故 犠牲者出た5ヵ国が外相会談

 イランによってウクライナ国際航空機が撃墜された事件を巡って犠牲者出たウクライナ、カナダ、イギリス、スウェーデン、アフガニスタンの外相は16日にロンドンで緊急会談を実施した。カナダのフランソワ・フィリップ・シャンパーニュ外相は記者会見にて、イランに対し遺体の身元確認や引き渡しなど、完全かつ透明性ある国際捜査を求めた。

BOSE 日米欧豪の直営119店を閉店へ

 アメリカの音響機器メーカーBOSEは15日、アメリカ、日本、ヨーロッパ、オーストラリアの直営小売店119店を今後数カ月で順次閉店する方針を発表した。スマートフォンで音楽を聴く文化が定着し、主力製品の高品質スピーカーが販売不振に陥っていることを理由に挙げている。なお、中国、韓国、中東にある130店ほどは存続させる。